小さな村の定食屋

Georgeおじさんがお話書いたり、グルメリポしたり、好きなことする場所

オークスを予想する奴

先週100円を2万円にした男です。調子に乗ってちゃんと予想してみます。

書き途中のブログ2つあるんだけどそんなモノの前に競馬だ!!!

 

母親が一度競馬を見に行ったことがあると言っていて、それがオークスらしい。何歳くらいの時に言ったか聞いて勝ち馬を見ると、現代の競馬にも影響を残している名馬が勝っていた。

競馬場に惹かれるのは血なのかもしれない(そんなことはない)(母親は誰かに連れられたらしい)(競馬興味ある人誰か行きませんか)。

 

未知の2400m

オークスでは3歳牝馬が2400mという未知の距離に挑む。牝馬は1600mの桜花賞を目標にしており、そこから800mも延長することになる。折り合うのも難しく、しっかり走りきることが難しい。

マイルのスピードと、2400mを折り合って走りきる精神的な落ち着きが両立するのは難しく、桜花賞の1~3着馬が2頭以上オークスでも馬券になったのは過去10年で2回だけ。

他は桜花賞で惨敗した馬の反撃や、別路線からの馬が好走している。

別路線組は主に

の3つが挙げられる。桜花賞への参戦が叶わなかったか、諦めたかでこの3レースを目指す事が多い。フローラSからは勝ち馬も敗れた馬も来るが、フラワーC忘れな草賞からは勝ち馬のみが馬券になっている。

まず第一に、今年の桜花賞馬ステレンボッシュは血統面では桜花賞よりオークス向き。この馬をどの馬が逆転できる可能性があるかを探っていく。

フローラS

フローラSからは過去10年で5頭馬券になっており、ユーバーレーベンがオークスを制している。この5頭のフローラSでの着順は1着・1着・1着・3着・5着と勝っていなくても良い。この5頭はフローラSで速い上がりを使った(上がり1位が4頭、2位が2頭)事が共通している。逆に、フローラSで上がり1位だったからとして、オークスで好走するわけではないのは要注意ポイントだ。

今回はアドマイヤベルが上がり2位でフローラSを制してオークスに挑む。フローラSを上がり2位で勝ち、オークスでも2着に入ったウインマリリンは2戦とも横山武史が手綱を取った。アドマイヤベルもフローラSから引き続き横山武史が鞍上となり、同じパターンの好走を期待したくなる。

フラワーC

フラワーCからは22年の2着馬スタニングローズ、前々走がフラワーCだった14年の3着馬バウンスシャッセが馬券になっている。この2頭に特に共通点は無い、2頭だけなのに本当に共通点がない。

今年のフラワーC勝ち馬はミアネーロ。ここ2年勝ち馬を出しているドゥラメンテの産駒なのでその点は期待して良い。

忘れな草賞

過去ラヴズオンリーユーとミッキークイーンの2勝。どちらもディープインパクト産駒でオークスでは上がり1位の速い上がりを決めて勝利した。2頭ともディープインパクト×Nureyev×Mr.Prospectorであり、今回の忘れな草賞勝ち馬タガノエルピーダはそう見ると一致している。忘れな草賞も上がり1位で勝利した。兄たちも長い距離で活躍している一族なので、2400mに伸びるのも悪くないだろう。

桜花賞

桜花賞からの参戦では桜花賞で1~5着になった馬と9着以下の馬が馬券になっている。調子が良くて能力も高く桜花賞オークスも連続して好走できるタイプと、桜花賞が完全に適性外で巻き返してくるタイプに二分できそうだ。

桜花賞で9着以下に敗れてオークスで馬券になった馬は

・ドゥーラ

23年3着。桜花賞14着。主な勝ち鞍:札幌2歳S(1800m)。

ナミュール

22年3着。桜花賞9着。主な勝ち鞍:チューリップ賞(1600m)。

・アドマイヤミヤビ

17年3着。桜花賞12着。主な勝ち鞍:クイーンC(1600m)、百日草特別(2000m)。

ルージュバック

15年2着。桜花賞9着。主な勝ち鞍:きさらぎ賞(1800m)、百日草特別(2000m)。

この4頭。

桜花賞次点で1800m以上の勝ち鞍があるのが3頭で、桜花賞よりも長い距離を目指せる素地が既にあった。

今回桜花賞惨敗し、その時に1800m以上での勝ち鞍があったのはクイーンズウォークとチェルヴィニア。2頭とも未勝利戦での勝利であるため、信頼は寄せにくい。クイーンズウォークはナミュールと同じくクイーンCを勝っているため、同じような活躍を期待しても良さそうだが、馬体重500kgを越えた馬は9頭出走して10年前の3着馬であるバウンスシャッセしか馬券になっていないのは気がかり。

桜花賞上位馬の入れ替わりを考えると、桜花賞を惜敗してオークスを取ったのはソウルスターリングシンハライトヌーヴォレコルトの3頭。ソウルスターリングの時の桜花賞レーヌミノルオークスが適性外。シンハライトの時の桜花賞馬ジュエラーは怪我でオークスの舞台に立てなかった。ヌーヴォレコルトの年はハープスターが一本被りの人気をしていたが差しきれなかった。

この点を踏まえると、桜花賞馬がオークスの適性を有している場合、桜花賞出走馬が桜花賞馬を逆転することはほぼあり得なさそうだ。

その他

スイートピーSからカレンブーケドールが馬券になっている。スイートピーSから馬券になったのは過去10年で1頭という難しさを考えると今年も厳しいのは厳しいのだが、今年のコガネノソラはスイートピーSで3勝目を挙げており、このパターンは過去2度目。前にそのパターンだったシャイニーガールは桜花賞からスイートピーSを使ってオークスだったためお釣りがなかった。今回のコガネノソラは3連勝中であり、新たなパターンになるかもしれない。

 

まとめ

過去の傾向から桜花賞組・それ以外の路線からの組で、桜花賞馬を上回れるかを検討してきた。

個人的な結論としてはステレンボッシュを上回れる馬は今回はいない。

その中で、2番手、3番手にどの馬を挙げるかだと考えている。

 

◎ステレンボッシュ

○ミアネーロ

▲アドマイヤベル

△コガネノソラ

△タガノエルピーダ

☆クイーンズウォーク

 

◎1着固定の3連単で20点、☆が3着のみにすれば16点なのでそのへんからの勝負になりそう。

 

tips:

前走未勝利戦からの参戦は過去データが無い(1頭も出走していない)。ランスオブクイーンはガチギャンブルを味わえるかも?

春雷S

簡単な振り返り

過去3年の勝ち馬はマッドクール、ヴェントヴォーチェ、ジャンダルムと2頭のG1馬を出している出世レース。その3頭は父が全て欧州系ノーザンダンサー系。

時計は基本1分7秒台前半。

馬場は4コーナーの内側が掘れてきているが、思いっきり前残り。

全頭考察

1.シナモンスティック

ジョーカプチーノ産駒。時計勝負と坂に弱そうでここ2戦の中山1200は厳しい戦い。買える要素はジョーカプチーノ産駒なことか。

2.ジュビリーヘッド

転厩初戦。二桁着順が続く。2年前に中山1200で良いレースをしているが最近の中山1200mは良くない。ブリンカーを外してどうか&ムルザバエフでどうか。

3.サーマルウインド

1400で強い競馬をしているが初の1200。新潟と中山で良績のある謎戦績。楽に番手の追走で好走したパターンが多く、激しく速い流れは未知数。寄られて包まれては好ましくない。逃げられるかどうか次第。

4.カワキタレブリー

スプリント挑戦3戦目。過去2戦は勝負になる位置にそもそもいなかった。馬場がよっぽど外差しにならない限りは追走力が厳しい。

5.バンデルオーラ

大雑把な追い込み馬。昇級後は難しいレースが続く。条件戦は平坦コースだけで勝ち上がっているが、中山出走時は坂でも上手く伸びている。ここ2戦よりは良いレースをしそう。

6.ヤクシマ

前々走鋭い追い込みでOP入りした馬。白くて可愛い。もう少し器用に追走できれば中山1200は血統的に魅力的な馬。ここ2戦は出遅れているのがどうか

7.カルネアサーダ

転厩初戦。ハッキリ逃げるとOPでは強いが、今回は乗り替わりなので同じようになるかどうか。ようやくメリハリのついた調教が出来るように、って言ってるけど転厩初戦ですよね・・・。時計勝負や前半速くなりすぎると分が悪いか。

8.ファロロジー

転厩初戦。中山1200で3勝クラスを勝ち上がっている馬。体重減っているらしいけど好走レンジは460kg台。揉まれ弱い血なので外を先行して前々走のように上手く抜け出せれば。

9.メイショウソラフネ

1400が主戦の馬。1200は2勝クラスで逃げ切ったことがある。1200で厳しい展開になると前走のように脚が上がってしまうかも。

10.ヨシノイースター

ここ2戦はポテンシャルを発揮している馬。OP上がってからはゲート難があったがここ2戦で改善した。その2戦の鞍上とまた替わるのが気がかりだがまともにゲートを出れば能力は最上位。

11.ソウテン

転厩初戦の前走強い指し切りで勝ち上がった馬。好走パターンが強い追い込みなので鞍上の性質とは反するか。阪神向きなイメージは強い。

12.ユキノファラオ

前走中山1200でOP入りを決めた馬。最後方から大外回って直線一気と不器用で強い競馬。全4勝を中山外回りで挙げており、不器用がハマるのかも。馬場の内側がダメなときには買いたい。

13.サトノレーヴ

前走は3連勝から初の重賞挑戦で初の馬券外。中山は1200を含め2勝。鞍上もモレイラで力関係も上位。一方であまり数を使えていない馬が重馬場からの連戦は気がかり。

14.カンチェンジュンガ

小倉で連勝してOP入りを決めた4歳馬。前走は大外枠から強い差しきりだった。小倉で3勝しており坂のあるコースはどうかわからないが、血統的には行けるはず。軽ハンデでこのオッズなら。

15.カイザーメランジェ

転厩初戦の古豪。2019年のこのレースの3着馬で、春雷Sはここ2年も5着6着と好走している。中山1200は根本的に合っていそうだが、さすがに枠の助けは欲しかったか。

16.ショウナンハクラク

OPに上がってからは不器用な競馬が続く。頑張って追い込んではいるが、馬券になりそうだったときがない。馬具を変えて生きたがる面を抑えるらしいが、そもそも馬券になる位置取りできていないので・・・。

 

まとめ

・ここを登竜門にしてステップしそうな馬

サトノレーヴ・カンチェンジュンガ

・最近好調

ヨシノイースター

・父欧州系ノーザンダンサー

ヤクシマ

・逃げ馬

カルネアサーダ

 

サトノレーヴとカンチェンジュンガは不器用な馬が多い今回の中で器用なタイプ。外枠なのは気になるが、この2頭は同等に高評価でいいと思う。ヨシノイースターもゲートが怖いがまともに出れば強い。

ヤクシマは追走してくれるかわからないので次点の評価。内で溜めてするする抜け出すタイプでは無さそうなだけに、人気している今回は怖い。カルネアサーダは戸崎の逃げのイメージをどれだけ持てるか。

あまりにも内有利で外枠がNGな状況ならバンデルオーラやファロロジーくらいに手を伸ばしても良いかも。

 

◎サトノレーヴ

○ヨシノイースター

カンチェンジュンガ

△カルネアサーダ

+状況次第でヤクシマ・バンデルオーラ・ファロロジー・ジュビリーヘッドも?

雨と戦う高松宮記念

過去10年で7回雨の影響が残る中で行われた高松宮記念。今週末そのレースが行われるわけだが、見に行こうとしている。7回あることは8回ある方が当然で、今週末も雨予報。ポンチョでは寒いだろうか、カッパが必要になるだろうか、それならカバンは少し大きめか。そんな荷造りの心配もあるが、馬場が渋ればレースも難しくなる。予想の心配もしよう。

血統

雨が得意な血統・不得意な血統

種牡馬 勝率 連対率 複勝 勝率/雨 連対率/雨 複勝率/雨
ビッグアーサー 21.00% 32.10% 42.00% 28.60% 52.40% 66.70%
ダイワメジャー 6.00% 12.00% 16.50% 2.90% 13.20% 16.20%
ミッキーアイル 14.30% 22.90% 31.40% 9.50% 19.00% 23.80%
スクリーンヒーロー 11.70% 13.00% 24.70% 9.10% 9.10% 22.70%
モーリス 8.20% 16.50% 21.60% 4.50% 4.50% 13.60%
Dark Angel 26.70% 36.70% 40.00% 12.50% 37.50% 37.50%
リアルインパクト 7.30% 19.50% 22.00% 0.00% 0.00% 0.00%
レッドスパーダ 10.70% 21.40% 21.40% 0.00% 20.00% 20.00%
アイルハヴアナザー 15.80% 31.60% 31.60% 20.00% 20.00% 20.00%
ハーツクライ 5.10% 6.80% 18.60% 0.00% 6.30% 18.80%
ドゥラメンテ 7.40% 25.90% 25.90% 0.00% 0.00% 0.00%
クロフネ 6.70% 20.00% 20.00% 0.00% 25.00% 25.00%
Point of Entry 0.00% 50.00% 50.00% 0.00% 50.00% 50.00%

今回出走する各馬の種牡馬別成績(過去3年分・2勝クラス以上)。全データと稍重・重・不良の雨馬場との比較を示した。オレンジ色の背景が雨によって成績が向上したもの。全体的に成績は低下する一方で、もともと上位の成績を残していたビッグアーサー産駒は成績を伸ばす形に。特にミッキーアイルリアルインパクトの産駒はかなり数字を落としており、気になるところ。

中京1200mの血統

種牡馬 勝率 連対率 複勝
ダイワメジャー 9.30% 20.90% 23.30%
ビッグアーサー 16.70% 27.80% 33.30%
ミッキーアイル 25.00% 33.30% 33.30%
Dark Angel 33.30% 33.30% 50.00%
モーリス 4.00% 16.00% 16.00%
スクリーンヒーロー 10.00% 20.00% 30.00%
アイルハヴアナザー 20.00% 40.00% 40.00%
クロフネ 9.10% 9.10% 18.20%
リアルインパクト 0.00% 14.30% 14.30%
Point of Entry 0.00% 50.00% 50.00%
ハーツクライ 0.00% 0.00% 0.00%
ドゥラメンテ 0.00% 0.00% 0.00%
レッドスパーダ 0.00% 0.00% 0.00%

次に中京1200mの血統傾向を見る(今回出走馬の種牡馬・1勝クラス以上)。

ミッキーアイル産駒の勝ちは今回出走する2頭のみ、DarkAngel産駒の勝利も今回出走するマッドクールのみである、アイルハヴアナザーも同様。PointofEntryに至ってはロータスランドしか出走していない。

やはりビッグアーサーの数字がハッキリと良い。一方でドゥラメンテは様々な馬が出走しているが、最高でも葵Sで4着があった程度。ハーツクライも条件線での4着まで。スプリント血統が順当に強く、中長距離の血統は厳しくなる。

 

過去10年の傾向では

をもつ馬の成績が良い。心にバクシンを。

ここ4年は毎年ロードカナロア産駒が3着以内に来ていたが今年はそもそも出走がない。

ラップタイム分析

過去5年のラップタイムとその平均

このブログ名物の過去のラップタイムとその平均のグラフ。この5年間の馬場は以下の通り。

  • 2023:不良
  • 2022:重
  • 2021:重
  • 2020:重
  • 2019:良

昨年はどの区間においても特に遅かった。他の重馬場の年では2022年では良馬場と前半のペースが同程度になったが、反動で後半は上がりのかかる結果となり、差し馬が台頭した。2020年は前半が重馬場の中ではスローになったため、逃げ馬が逃げ残る結果になった。

過去5年の高松宮記念は同じ重馬場と言ってもパターン化が難しく、ラップタイムと直接結びつけるのも難しい。

  前3F 後3F
2023 35.6 35.9
2022 33.4 34.9
2021 34.1 35.1
2020 34.2 34.5
2019 33.2 34.1
average 34.1 34.9

参考までに前半3F(600m)と後半3Fのラップタイムはこちら。

参考レースのラップタイム

参考レースはオーシャンS稍重で他は全て良馬場だった。そのためほぼ全てのグラフがaverageのラインより下側に来るはずだが、オーシャンSは上がりがかなりかかったように捉えられる。京阪杯シルクロードSは同じ京都競馬場で行われたが、質感は少し異なる。京都競馬場は前半が他の競馬場と比べても遅くなりやすく、京阪杯のように2F目が遅く出やすい。京阪杯はそこからペースが緩むことがなかった一方で、シルクロードSはその競馬場で前半が速くなったために負荷が強く、後半は上がりがかかった。

averageとスプリンターズSはどちらもG1で上がりがかかりやすい共通点が見える。どちらも前半からがっつりと飛ばして入る展開になるためか、後半がタフになって上がりがかかるのだろうか。順当に今回も前半が速くなるのなら、後半がタフになりそうで、シルクロードSは近い傾向と言えるかもしれない。

 

全頭考察

1.ビッグシーザー

ビッグアーサー産駒で母系はStormCat系と血統は今回のメンバーでは一番。前走は挟まれながらも追い込んで来た。今回の乗り替わりは可も不可もない感じ。人気があまりにもないので抑えるべき1頭。

2.マッドクール

昨年のスプリンターズステークス2着馬。今回と同じ舞台の知立Sで強い勝ち方をして以来追いかけている。重馬場で勝った実績もあり、中京は3勝と得意。昨年夏のCBC賞で負けてるのは気がかりだが夏負けだったと信じて今回は期待。

3.ナムラクレア

昨年の2着馬。重馬場適性は問題ない。前走は1400mだったがかなり後方の追走だった。調教パターンを変えている事もありどんどんズブくなってるのかも。枠や馬場に問題はないが…。

4.モズメイメイ

葵S勝った後は2桁着順が続く。どうにもやる気がなくなっている走りが多く、牝馬のスプリンターにありがちな状況。今一番乗れてる騎手だがさすがに。

5.トウシンマカオ

重賞連勝中。昨年は馬場・枠・左回りと泣いたが今年は枠以外は同じ。札幌の重で3着はあるし、血統的にも馬場はこなせる範囲なはず。過去2戦は外に出してのレースだっただけに、内枠で苦手かもしれない左回りでルメールがどうするか。

6.ルガル

前述した相性の良さそうなシルクロードSの勝ち馬。ただし相性の悪いドゥラメンテ産駒。雨は降るだけ降ってくれた方がいいだろう。前走は速いペースを前で追走しながら直線外に出して押し切る強い競馬。鞍上のG1経験も微妙だが、外すことはできない。

7.テイエムスパーダ

おそらくどんな形でも逃げる馬。前走は速いペースを作って沈んでいったが、休み明けはどうにもスタートが悪い。今回は他にもスタート速い馬がいるが、こちらは逃げる一手。馬場が味方になればあるいは…。

8.ソーダズリング

京都牝馬は中断追走から差し切る王道の競馬。初の1200mになるが、兄弟も1800m以上の活躍が多く、流石に1200m向きとは言えない。

9.シャンパンカラー

去年は稍重NHKマイルを勝ったが、安田記念は敷居が高く、フェブラリーSは初ダートでは厳しかった。今回は初のスプリントで、母系はスプリントに向きそうだがドゥラメンテ産駒。NHKマイルの時と同じくらい信用していいかわからないが、調教は動いてるらしいので期待はしてもいいかも。良くも悪くもずっと穴馬。

10.ビクターザウィナー

ロケットスタートをし続ける香港馬。スタートを決めても2番手でレースする事もあり、今回はスパーダに譲りそう。血統構成は重も行けそうくらい。初の左回りや輸送の難しさはあるが、殴り込んでくるだけの能力はある。この馬に何頭の日本馬が勝てるか。

11.メイケイエール

今回が引退レースのアイドルホース。高松宮記念は2年連続馬場に流されているが今年もそうなりそう。昨年のスプリンターズS5着を見ても速い馬場で速いペースを追いかける方が強い。馬場は回復してくれた方がいいが、良馬場ではサンデーサイレンス系は勝ったことがないジレンマ。無事に引退を迎えてほしい。

12.ロータスランド

こちらもラストラン。一昨年の3着馬。こちらは重くなればなるほどいい。ここ最近馬券になった時は乾坤一擲の最内追い込み。もともとは先行できる馬だったはずだが…。ここも一発狙いに徹するだろうが、最内だけ良い状態でそこが空いていたら‥と言うような都合のいい展開が来るかどうか。

13.ウインカーネリアン

左回りのマイルで良績の多いベテラン。逃げることが多いが2番手でも良い。重馬場は行けそうな血統だが、蹄の作りから陣営は綺麗な馬場を希望している。そこまで合わないとは感じないが外枠。馬場は雨の影響がなく内側の馬場がボロボロで外有利、と言った特殊な状況が欲しい…。

14.ママコチャ

昨年の最優秀スプリンター。陣営が叩き良化型と言っているが今年の初戦がここ。速いペースを前で追いかけるのが強いタイプのガチムチ。馬場も悪化しすぎると厳しいが、内が有利な時に外から逆転できるほどかと言われると…?

15.ディヴィーナ

この馬も引退レースで初のスプリント。中京は4-2-0-1と相性がいいが、その1で買った事がある、許せん。1200も悪くはなさそうだが、経験が欲しかった。雨は降って欲しい。

16.ウインマーベル

阪神1400の重賞を連勝してここ。阪神1400と中京1200はリンクする傾向にあるが、去年は大外枠から大敗した。前走は重馬場で勝ったが本質的には良馬場の方が良い馬。今回もせめて内枠なら。

17.マテンロウオリオン

ダイワメジャー産駒で母父キングカメハメハはいかにも重馬場が得意。と思っていたが前走のオーシャンSは初のスプリントも影響したか見せ場なく敗戦。ダイワメジャーだし差しにこだわるよりは前を追いかけたいが、経験的にそういう追走は難しそう。

18.シュバルツカイザー

DarkAngel産駒で重馬場は得意そうなタイプ。なのだが、前走のオーシャンSは見せ場なく敗戦。そもそも中山が合っていない気はするが。外に馬を置かなければ好走できるので、大外枠はプラス。大外枠でも勝負になりそうな内枠が崩壊して雨の残る展開になって欲しい。

 

総括

◎ビクターザウィナー

○ビッグシーザー

▲マッドクール

△トウシンマカオ

はほぼ確定。ルガルも買いたい。

あとは馬場次第だが

テイエムスパーダ

シャンパンカラー

・シュバルツカイザー

あたりの穴馬に食指を伸ばしたい。

 

 

追記

中京競馬場にいるGeorgeです。

雨が降ったり止んだりでとても寒いです。

芝レースでは2桁の馬番の馬が一頭も馬券に絡んでいない=内枠の馬有利の状況が出来上がってます。

◎マッドクール

○ビックシーザー

▲ビクターザウィナー

△ルガル

△トウシンマカオ

テイエムスパーダって感じにします

フェブラリーSを予想する奴

せっかくのG1なのでやれることをやります

 

1.芝馬の取捨選択

今年のフェブラリーSは初めてのダート挑戦で参戦する馬が3頭いる。

過去10年のフェブラリーSでは前走芝を走っていた馬は5頭いたが、全頭が馬券外。

これを過去15年に広げると前走芝は17頭に増えるが全て馬券外。

芝の重賞馬が好走するケースはあるが、そのいずれも前走がダートだったということになるので、芝実績がいくらあろうといきなりダートは厳しい。

ちなみに前々走芝は過去10年で3頭馬券になっている(カフェファラオ・ソダシ・モズアスコット)。いずれもマイルG1馬。

2.地方馬の取捨選択

地方馬で過去フェブラリーSで馬券になったのは2011年フリオーソの2着まで遡る。勝ち馬は99年のメイセイオペラただ1頭。2002年に2着になったトーシンブリザードも含め、既に地方G1を勝っていた。

ただ、今年はその地方G1馬が2頭出走するので可能性は0ではない、かもしれない。

3.前走の内訳

フェブラリーSが新年初出走で馬券になった(前走が東京大賞典より前・中6週以上)は過去10年で30頭中14頭とそこそこ多い。ただし、その14頭のうちG1でなかったのは武蔵野S5着だったサンライズノヴァ(3着)とフェアウェルS9着だったコパノリッキー(1着)。今年初出走ならば前走はG1であってほしいところ。

3-1.根岸S

過去10年では前走根岸Sの組が4勝と最多。いずれも根岸Sも勝っていた馬。今回根岸Sの勝ち馬は回避。根岸Sで負けてフェブラリーSで馬券になった馬は3頭いるが、いずれも1600m以上での勝利経験があり、根岸Sは前哨戦としての立て付けだったように見える。

3-2.東海S

過去10年ではコパノリッキーとインティの2勝で、どちらも鞍上は武豊。2,3着には員環テーションとアスカノロマンのそれぞれ1頭ずつしか来たことがなく、相性は良くないように見える(数字だけでは根岸S組がたくさん来るのでそちらの方が数字は悪い)。インカンテーションは既に重賞2勝していて東海S3着からフェブラリーS2着。アスカノロマン東海Sを勝ってフェブラリーSで3着だった。実績はここでも大事に見える。

3-3.チャンピオンズC組

過去10年ではゴールドドリームとカフェファラオ×2の3勝。この3回はいずれもチャンピオンズCでの大敗から直行だった。3歳でチャンピオンズCに挑み惨敗し、4歳初戦でフェブラリーSを勝つので相当な実力馬であったことは今更言うことではないかもしれない。ここまで書いて今年はチャンピオンズCからの直行組がいないことに気づいた。

3-4.地方G1組

地方G1からは勝ち馬が出ていない。今年は川崎記念の施行時期がずれた関係でこの組も少ないが、東京大賞典JBCスプリントからの組がそれぞれ2着に1頭ずつ来ている(ゴールドドリーム・レッドルゼル)。この地方G1での着順は関係ないが、その全てが重賞馬であり、やはり実績が大事。

3-5.その他

その他についてはこの章の最初に書いたコパノリッキーサンライズノヴァが当てはまるが、このどちらも重賞馬だった。とてもやはり実績が大事。

ちなみに前走園田からの出走はない

4.実績について

実績が大事、と言い続けたので実績とは何かを考える。

過去10年の馬券内馬で、ダート重賞馬でないのはエアスピネルとソダシ。どちらも芝G1で好走歴がある。重賞馬が獲っていたダート重賞は1200~2000まで幅広いパターンがある。

5.東京ダート1600mについて

フェブラリーSに限らない東京ダート1600mの情報をさっくり箇条書きでまとめる(1勝クラス以上に限る)

  • 勝率が10%を越える馬番は高い順に14,3,12,16の4つ
  • 連対率も概ね同じ傾向、
  • 複勝率ではこの4つに加え4,9,10も成績が良い(20%を越える)
  • 騎手成績はルメールがぶっちぎりで良く、次点で松山・武豊
  • 距離短縮の方が延長よりは良いが、大差は無い

 

まとめと予想

1~4の情報をまとめると、勝ち馬に相当する馬が過去10年のデータ上はいない。根岸S東海Sの勝ち馬不在、チャンピオンズCからの直行組不在、前走中央ダートの中央馬不在である。

そうなるとまず重視すべきは各馬の実績。

そうなると、何かしらの傾向が破壊されるわけだが、その候補になるのはやはり実績馬だと思う。

今回の出走馬でダート重賞馬は

・イグナイター(JBCスプリントさきたま杯かきつばた記念黒船賞

・ミックファイア(JDD)

・セキフウ(エルムS・兵庫JG)

・キングズソード(JBCクラシック

・スピーディキック(エーデルワイス賞

・レッドルゼル(JBCスプリント東京盃根岸S

・ウィルソンテソーロ(白山大賞典マーキュリーCかきつばた記念

・ドンフランキー(東京盃プロキオンS

以上の8頭。この中からまずピックアップしたいのは1600m以上で重賞を勝っているミックファイアセキフウ・キングズソード・ウィルソンテソーロの3頭。

ミックファイアは前走で初めて敗戦を喫したが、それまで世代限定戦は負け無し。前走も不運が多かったので仕方ないところはある。シニスターミニスターはワンターンで成績を落とすのでそこも怖い。とはいえ、前走で躓いた明け4歳馬が覚醒するレースでもあるので期待はそこそこできる。

セキフウは前走兵庫GTで過去出走例のないパターン。前走も前々走の武蔵野Sも負けていてなかなかムラは激しい。ワンターンでの勝利実績は2歳時まで遡るので良い穴馬くらい。

キングズソードは前々走で初G1挑戦ながら勝利した。それと比較すると前走はぱっとしない結果。これが鞍上の差か。ワンターンのレースは3歳春以来2度目。シニスターミニスター産駒なのでワンターンの怖さもある。

ウィルソンテソーロは直近のG12戦で2着2着と良い成績。ただしその2戦から乗り替わり。東京マイルでの勝利経験、1500と2000での重賞勝利経験と必要な実績は備えていそう。乗り替わりは気になるが、鞍上の松山は昨年のJBCレディスクラシックを乗り替わりで制すなど、ダートG1での成績が良い。むしろ強化と見ることもできる。

 

というわけで今回のフェブラリーSで買いたい馬は

◎ウィルソンテソーロ

○ミックファイア

▲セキフウ

△イグナイター

☆レッドルゼル

の5頭。

イグナイターは2歳時だが東京1600mの勝利経験がある。重賞は1500mまで勝利経験があり、南部杯も2着。巷で言われるほどの距離への懸念は感じていない。むしろ懸念すべきは最内枠か。

レッドルゼルは昨年の2着馬。フェブラリーSは4年連続の出走。その過去3年とは鞍上が替わるが、初めてではない。むしろ最後方一気なんてせずに追走を少しでもしてくれると良いが・・・。

 

馬券は◎からの馬単と◎からの3連複流しあたり。

スプリントメモ・小倉(随時更新)

出走回数5走以上

小倉

騎手

騎手名 着別度数 勝率 連対率 複勝
川田将雅  10-  4-  2-  8/ 24 0.417 0.583 0.667
坂井瑠星   7-  3-  3- 18/ 31 0.226 0.323 0.419
横山和生   7-  2-  2- 24/ 35 0.2 0.257 0.314
ムルザバ   2-  0-  0-  9/ 11 0.182 0.182 0.182
藤岡佑介   9-  2-  7- 35/ 53 0.17 0.208 0.34
松山弘平  15-  9-  4- 61/ 89 0.169 0.27 0.315
福永祐一   7-  9-  4- 23/ 43 0.163 0.372 0.465
西村淳也  18-  5- 11-104/138 0.13 0.167 0.246
角田大河   7-  5-  4- 38/ 54 0.13 0.222 0.296
浜中俊   8-  6-  7- 45/ 66 0.121 0.212 0.318
松若風馬  11-  1-  5- 79/ 96 0.115 0.125 0.177
幸英明  14-  9- 13- 90/126 0.111 0.183 0.286
武豊   2-  1-  4- 11/ 18 0.111 0.167 0.389
酒井学   6-  5-  3- 44/ 58 0.103 0.19 0.241
岩田康誠   2-  1-  1- 16/ 20 0.1 0.15 0.2
ホー   1-  1-  0-  8/ 10 0.1 0.2 0.2
鮫島克駿  10-  9-  8- 76/103 0.097 0.184 0.262
古川吉洋   2-  2-  0- 17/ 21 0.095 0.19 0.19
岩田望来   5-  8-  6- 35/ 54 0.093 0.241 0.352
川須栄彦   5-  4-  0- 45/ 54 0.093 0.167 0.167

上位3人はあまり乗らない騎手。去年一年の成績だと藤岡佑、松山、西村あたりが上位。

種牡馬 着別度数 勝率 連対率 複勝
Siyouni   2-  0-  0-  3/  5 0.4 0.4 0.4
ハクサンムーン   2-  0-  0-  4/  6 0.333 0.333 0.333
レッドスパーダ   3-  1-  0-  7/ 11 0.273 0.364 0.364
サトノダイヤモンド   3-  0-  0-  8/ 11 0.273 0.273 0.273
トーホウジャッカル   4-  1-  2-  9/ 16 0.25 0.313 0.438
スクワートルスクワート   3-  0-  0-  9/ 12 0.25 0.25 0.25
Dark Angel   4-  2-  2- 10/ 18 0.222 0.333 0.444
グレーターロンドン   2-  0-  0-  9/ 11 0.182 0.182 0.182
トーセンラー   5-  0-  4- 19/ 28 0.179 0.179 0.321
ヤマカツエース   1-  1-  0-  4/  6 0.167 0.333 0.333
バトルプラン   1-  1-  0-  4/  6 0.167 0.333 0.333
ゴールドシップ   2-  0-  1-  9/ 12 0.167 0.167 0.25
エスケンデレヤ   1-  0-  1-  5/  7 0.143 0.143 0.286
ジャングルポケット   2-  0-  0- 12/ 14 0.143 0.143 0.143
タニノギムレット   1-  0-  0-  6/  7 0.143 0.143 0.143
シュヴァルグラン   1-  0-  0-  6/  7 0.143 0.143 0.143
リヤンドファミユ   1-  3-  0-  4/  8 0.125 0.5 0.5
エイシンフラッシュ   5-  3-  2- 32/ 42 0.119 0.19 0.238
クラレーションオブウォー   3-  4-  0- 19/ 26 0.115 0.269 0.269
ダイワメジャー  19- 14- 12-122/167 0.114 0.198 0.269
ロードカナロア  30- 25- 11-199/265 0.113 0.208 0.249

出走回数の多いカナロア、ダイワメジャーは奮わない。Nureyev,Northen Dancer,Lyphard系の数字が良いのが意外。外国産馬が数字良い訳でもないが、外国種牡馬はちょっと気にするべき。

 

あけおめことよろの奴

あけましておめでとうございます。

今年も色々付き合ってくれると嬉しいです。

 

 

さてさて、ここで新年の抱負は去年も書いた気がしますが全く叶っていないと思うので、簡単な目標だけ立てておきます。

 

1.お菓子たくさん作る

2.旅行たくさんする

3.独自ドメインでブログを作る

4.そのブログをちゃんと更新する(馬と飯と)

5.何かお話を書く

 

 

こんな感じで行こうと思います。

やるぞ💪

有馬記念・反省会

悔しい。でも楽しかった。

昨日言ってたことの振り返り

展開

タイトルホルダーが逃げるレースでは前半1000mが60秒近辺になる

今回の1000m通過タイムは60.4。最後の直線まで先頭を維持した。

逃げるタイトルホルダーに勝った馬

ロベルト系・バゴ・キングカメハメハキングヘイロー
表外の項目としてBlushing Groomトニービン

2着のスターズオンアースは父ドゥラメンテ(タイトルホルダーと同じ)。ドゥラメンテ自身は父キングカメハメハ、母父トニービンで条件を満たしている。

1着のドウデュースは父ハーツクライハーツクライトニービンを持つ。他の血がなかったので軽視したのが痛かった。タスティエーラと評価度合いは同じで良かった・・・。

斤量

過半数が55kgの馬だった(今回は56)

56kgの馬はスターズオンアースが2着だった。

 

まとめ

言っていることはほぼ完璧だった。それ故1着だけを外したのが悔しい。でも良い夢を見ることができた。

人生は選択の連続だ・・・。